スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤城山から見た天の川銀河

2011
10-07


広角レンズにF2.8固定のレンズを買い足したので3日の晩赤城山に登ってきました。
上の写真はカメラを赤道儀に載せISO2500で150秒露出を4枚撮し「加算平均」と
言ったモードでコンポジットしています。
白鳥座が左隅、カシオペア座が右隅に入っています。





【銀河への架け橋】
1110akagi05.jpg

赤城神社の赤い橋を前景に天の川が丁度橋に掛かる時間を計算して赤城山に向かっています。
渋川の街明かりが見た目ではほんの僅かしか見えませんが
写真にしてISO感度高め、長時間のシャッタースピードでは「もろ光害」として
入り込んでしまいました。(-_-;)





【白鳥が見た銀河】
1110akagi04.jpg





【木々の間を流れる天の川銀河】
1110akagi02.jpg



スポンサーサイト

Trackback

Comment

No title
kazucyanさん、こんにちわ

1枚目の写真、星の数がすごいですね。これだけの空を見てみたいものです。

2枚目の写真の橋の歪み方を見ると、35mmフィルム換算で20mm位、あるいはもっと広角のレンズをご購入なのでしょうか。
No title
matsumoさん
一枚目の写真は赤道儀を使って2分30秒間を4枚写しコンポジットした物ですから
間違っても肉眼で見える範囲を大きく超えています。(^_^;)

今回購入したレンズはトキナーの「AT-X 116PRO DX」と言った物で全ての写真が最小焦点距離の11mmで撮していますから、フルサイズ換算では17mmに相当します。
写真データーを書き入れていないのでここで説明しますと
2枚目は赤道儀を使い星を止めてその代わりに橋が微妙に流れて居ますがシャッタースピード1分間なので殆ど判らない範囲だと思います。
ISO5000、絞り開放F2.8です。

3枚目、4枚目もISO5000、絞り開放F2.8は同じですが、こちらはカメラ三脚を使用して撮して居る為、焦点距離11mmであっても星を止めて撮すには30秒が限度の為、シャッタースピード30秒となっています。

ちなみに、この日赤城山山頂はたったの2°でした。
  • 2011-10-07│19:43 |
  • kazucyan URL
  • [edit]

Post a comment

Secret


プロフィール

kazucyan

Author:kazucyan
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。