スポンサーサイト

--
-----
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北斗七星回りの銀河

2011
04-02
【M81&82】


この二つの銀河「M81&82」が見頃を迎えて居るので3月から昨日に掛けて
月の無い、夜晴れた日は頻繁に撮影に出かけています。
最初は地元郊外のちょくちょく使う撮影地
北側には県庁所在地の前橋市が控えているので街外れのそこそこの暗い場所では
全くメリハリが写らずに使い物にならず・・・

2回目は3月26日榛名山と星の日周運動を撮影に出かけて、そちらの星野写真を撮している間、別のカメラと天体望遠鏡でこちらの天体を撮影しましたが、強風により星がブレブレで使い物にならず・・・

そして次に星空が広がったのは30日水曜日・・・
地元で最も空の条件が良い桜山公園に向かいます。
ここでも同じく北側の空は地元藤岡ならびに前橋市の影響で写りが今一つ・・・

地元では北側の天体はダメだ!と決心し昨夜は赤城山に登ります。
写りはまあまあでしたが、何故だろう・・・? 星が少し流れ気味(-_-;)
一ヶ月の間に4回この天体を撮していますが、風が無くても何故かこの天体は星が流れてしまいます。(-_-;)


今回もう一つ紹介する銀河は【M51(子持ち銀河)】
M51_110401P11.jpg

家に帰り写真を確認したところ、この銀河の撮影途中から(同じ物を10分間露出で6枚撮影しコンポジットを言った編集から1枚の写真に仕上げています。)あまりの寒さに反射望遠鏡の斜鏡が凍り写りがボヤッとしてしまい、後の2枚は使い物になりませんでした。
さらにその後に撮影した「M101(回転花火銀河)」は同じ理由により全滅(-_-;)

共に星が少し流れ気味ですが、今回の収穫はこの二つ


スポンサーサイト

Trackback

Comment

Post a comment

Secret


プロフィール

kazucyan

Author:kazucyan
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。